ファブリック,カット生地のご紹介

つい先ほど!
行方不明だった旅用の
デジタルカメラを発見しましたので!

前回のブログのトラパソラ村の画像を差し替えました。


また改めてご覧になってくださいまし!


今回は
師走も押し迫り、
大掃除やついでに
お部屋やキッチンの模様替えなんかも
するかと思いますが!


ピッタリの
メキシコらしいイロイロな生地をご紹介いたします〜。


まずはキッチンやテーブルクロスにバッチリな
オイルクロスが
たくさん再入荷しております。

防水性も高く
裏面は滑り止め

汚れにも強くて
デザインも可愛い!

人気のオアハカ州イスモ地方の花柄デザインも
2種類、再入荷いたしましたよ〜。

どれも50cm650円(税別)のカット販売です!

お次は
実にメキシコらしい自国愛が
感じられるファブリック

厚手のコットン生地で丈夫そうです。


こちらはイダルゴ神父、ボリバル将軍にソル・フォナ女史
と独立運動の立役者達のイラスト

アステカのフガドール(戦士)やピラミッドなど
メヒコらしいモチーフのプリント

なかなか珍しいデザインの生地です。
3種類とも
赤緑白のトリコロールカラーなので
クリスマスのパーティーにも使えそうな雰囲気!
こちらは50cm600円(税別)になります。


そして「死者の日」の祭壇作りのために
使われるガイコツさん達の生地
8種類各5mずつ揃いました!!
定番のカラベラ=頭蓋骨のデザイン


祭壇のお供え物として
パン・デ・ムエルテ(死者のパン)やカラベラの砂糖菓子、マリーゴールドの花などなど
欠かせないアイテムのプリント
そしてカラカス楽団の演奏とダンスのデザイン

広げるとなかなか壮観ですね〜

などなど
メキシコで10月にしか出会えないガイコツのポップなファブリック
春や夏には入荷しないので
早いもの勝ちです!

服やカバンやポーチのリメイクにももってこい。

幅は110cmでこちらも50cm600円(税別)からカットシマスヨ!



死者の日のアルタール(祭壇)


この画像は民芸品博物館の展示です。

そして!
いつもどこに売ってるのだろうと
謎だった
グアダルーペのバンダナ用の生地も発見しました!

ちゃんと点線で区切られています。
それに沿って切り、縫ってしまえば
大きいバンダナの出来上がりです!


こちらは赤色のみで、
55×60cmの三枚綴りで800円(税別)になっております。
バンダナを三枚買うより断然安いですよ〜。
カット売りの生地は
まとめてコチラからどうぞ〜


最後に
カット売りではないのですが
定番のサラペとテーブル用のラグも入荷しています。
床にもソファにもベッドにも使えるビッグサイズです!


ランチョンマットのスモールサイズも
お求めやすい価格ですよ〜

アクリル素材なので軽くて濡れてもすぐ乾きます。
何かと便利なメキシカンラグ「サラペ」は
コチラから!


こんな感じの
メキシコらしいアットでホット&ウォームなファブリックで
新年を迎えてはどうでしょうか??


先月のメキシコ出張では
音楽的な実りも多く、
偶然、コロンビアから来ていて、
昨年の春一緒にDJして以来
再会したマリオ といろいろお話いたしました。

(左から店主ナンバマン,マリオ・ガリアノ,ソニード・マルティネス,アリ・グイアス)
自身のユニット”Frente Cumbiero”や
ベーシストとして”Onda Tropica”にも参加し、
かつ
“DJ Gallo Galeano “としてオールドクンビアをレコードで
プレイする
コロンビア音楽界の奇才である彼の別バンド
“Los Pirañas”


メリディアン・ブラザーズのメンバー二人と組んだ
トリオバンドですが
彼らのライブを見る機会があり
かんなり素晴らしかったです!


意外に活動はもう4年になるということ。
そのサイケでモンドなサウンドは
ペルーのクンビア「チーチャ」とクラウトロックの「ノイ」
が出会ったかのような奇天烈な音で
ビックリしました!
まったく聴いた事のない音楽体験。

VJがまた面白くてシュールなセンス抜群

最後はこのライブの日11/20革命記念日、
メキシコシティのソカロに5万人集まったといわれる
デモの映像がいち早く流されていました。

「メキシコは死んだ」と横断幕
(マリオたちはコロンビア人なのですが、、、、)

彼との約束で
できれば来年にも
日本でライブやDJをしてもらいたいと
計画をしております!
2015年は頑張りますよ〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *