レニャテーロス工房の作品のご紹介

メキシコの南東、チアパス州はサンクリストバルという
小さな街にある「レニャテーロス工房」。

この工房は段ボールや新聞を自らの手でリサイクル。
再生紙に生まれ変わらせます。

しかもその紙を使って
素敵なデザインや絵画の作品を創り続けています。
レニャテーロス工房の日本語サイト

店主は先日、四度目のサンクリストバルに行き
工房を見学、直接、品物を買い付けてきました。

工房の存続のため、応援したいという気持ちから
お求め易い価格で販売いたします。

このような大きいサイズの版画も税込み5040円です!
コチラからよろしくお願いします!!
レニャテーロス工房の入り口

中庭では紙を漉して着色する作業が行われています。

アトリエではシルクスクリーンの機械で
版画やポストカードを刷っています。


再生紙として生まれ変わった、色とりどりの
漉き紙が積まれていました。

工房の裏の壁にはかっこいいジャガーの壁画。
(ジャガーはマヤ文明のシンボル的動物です)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *