メキシコ買い付けジャーナル 8日目 【10/13 DF メルセー&ソノラ】

昨夜、夜更かししたせいで起床11時。

完全に夜型生活になってしまっている……

そして出かけようと乗り場へ行くが、

平日なのに、デモがあるせいでメトロブスが止まっているとのこと。

仕方なくメトロでメルセーへ。

出口が市場と直結しています。

tombolablog-mexico

メルセー市場ではオーダーを受けていた木製のトルティージャプレスの仕入れ。

tombolablog-mexico

★当店で通常、取り扱いのないアイテムでも、仕入れてまいりますので

お気軽にお問い合わせください。

最近はメキシコ料理店からのグラスや食器類、調理道具の注文が多いです。

ふと目に入ったポスター。

tombolablog-mexico

メルカドでルチャか…..ちょっと見たいな。

朝からなにも食べてないので、タコスランチ。

サン・パブロ通りで開店したばっかりぽい屋台。

tombolablog-mexico

アランブレ(ミックス)、コスティージャ(スペアリブ)、アルボンディガス(肉団子)

tombolablog-mexico

本当にメヒコのタコスは美味しいが、野菜をほとんど摂取できないという難点も,,,,,

ズートスーツで決めたパチューコの絵がなかなかイカしてる新聞屋台。

tombolablog-mexico

そしてまたまたソノラ市場へ。

tombolablog-mexico

tombolablog-mexico

この日はサンタ・ムエルテやフリーメイソンの呪術系アイテムの仕入れ。

tombolablog-santamuertetombolablog-amlet

サンタ・ムエルテのアイテムはコチラ   ☆お守りやアムレットの新入荷はコチラ

相変わらず活気のあるメルカド・ソノラでした。

tombolablog-mexico

満員で2回スルーして、やっと乗れたぎゅうぎゅう詰めのメトロブスで帰宿。

荷物を置いた後は、メトロで取引先の出版社”TRILCE”のオフィスへ行きます。

tombolablog-mexico

デザイナーだったヴァネッサは退社したようですが、他のスタッフが出迎えてくれました。

tombolablog-oilcloth

メキシカンデザインプロダクト”Sensacional”のアイテムはコチラ!

メキシコの奇特なカルチャーにスポットを当てた書籍を製作、発行している出版社“TRILCE”

tombolablog-mexico

なんといっても最近のヒット作は“TACOPEDIA”でしょ〜!

tombolablog-mexico

タコペディアについては過去ブログを参考に!

日本では入手困難ですが、ご注文下されば仕入れますので

こちらもお気軽にお問い合わせください!

なかなかの重量の品物を背負って、メトロでセントロに向かいます。

昨日は時刻があっていたのに、今日は37時47分になっていました。

tombolablog-mexico

向かった先は友人のバーバー&ブティック&タトゥーショップ“LA ONDA”

いつも日本からイロイロ買って来て欲しいと頼まれるのですが、

今回はポマード。

10個あったはずが、行きのフライトで預けたカバンから飛び出し、

バラバラになって出てきてしかも、3個ロストの破損1個

tombolablog-mexico

さすがのアメリカン航空でした。

でお店に届けに行くと……

tombolablog-mexico

再会を楽しみにしていたのですが、店主のレノは車のディールの仕事でエルサルバドルへ。

彼女のステファニーは自宅で作業中とかで留守。

tombolablog-mexico

ショップをオープンさせた4年前から知っていますが、

店舗面積がどんどん拡大していってるので、ビジネスとしては好調のようです。

トンボラも見習わなくては!

その後、約束があったのでメトロでゲレーロ駅へ。

なかなか待ち合わせに来ず、日が暮れてきました。

tombolablog-mexico

DFの中心地は大抵安全だろうと思っていましたが、ここの周りはちょい危険だなというのを

肌で感じました。

tombolablog-mexico

で、家に来い来いと誘ってくれたのは、おなじみ?

トンボラのショップカードの絵も描いてもらってる、マヌエル・バウムン画伯。

tombolablog-mexico

画伯が持っているのは30歳のときに描いた初めての絵画だそうです。

上手ですが、まあまあ普通……しかしフレームは格好いい!

☆マヌエル画伯の作品はコチラからチェック!

今まで倉庫しか行ったことなかったのですが、

家はえら凄かったです!

tombolablog-mexico

家ごとchachara(中古品)で溢れかえっていました。

しかし中には19世紀のアンティークなんかも!

tombolablog-mexico

to0mbolablog-mexicotombolablog-mexico

マスクを被ったサンフダス像や、年代物の生命の樹。

そしてどっからどこまでが、マヌエルのおっちゃんの作品かわからない。

tombolablog-mexico

tombolablog-mexico

段ボールの中も全て拾ったり、買い漁ったりしたビンテージアイテムだとか。

tombolablog-mexico

しかもコレクションしてるのではなくて、できれば全部売りたいらしい。

めちゃくちゃ面白いけど、こんなメキシコの古いもの、コンテナで輸入して

日本ではたして売れるのだろうか????

しかもある一部屋は、まるまるガラクタで埋め尽くされてました。

tombolablog-mexico

ほとんどゴミ屋敷です。

日本でもメヒコでも、古いもの(ゴミ?)が大好きなので、

今回の買い付け旅で最も心躍らされた時間でした!

いつかこのガラクタをトンボラで売る日が来るのでしょうか??

宿に戻り、預けてあった荷物からインスタントラーメンがでてきたので、

オーナーのパスちゃんに卵もらって夕食は味噌ラーメン。

宿泊客が少ないシーズンなのか、ドミトリーで一人だったので、

部屋で4箱パッキングして、夜は更けていくのでした。

一昨日はどんとの命日でした。もう16年になるんですね。

関西で音楽に関わってる人はみんなその影響を隠せないのではないでしょうか。

店主も学生の頃は、

大阪城野音の無料ライブや、クアトロで開催されたHOTHOTGUMBOに行きました!

テロップの訳詩ととも、ボブマーレーのイタコになったように唄う、

どんとが素晴らしい、とてもとても好きな映像です。

「偽善者が善い人の中に紛れ込んでいくのを観察していた」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *