メキシコ買い付けジャーナル’16 【4/6 オアハカ ラス・トレス・プラヤス】

快適な眠りで、すっきりした朝。

tombolablog-mexico

開放的でホントにいい宿の“Castillo Oasis” オススメです。

看板のアステカ犬はちょっと馬鹿でしたが。

tombolablog-mexico

せっかく何で隣村のプエルト・アンヘルに行ってみました。

tombolablog-mexico

タクシーの運ちゃんオススメのビーチ「プラヤ・パンテオン」

tombolablog-mexico

パンテオンの名の通り、入り口に大きな墓場があります。

tombolablog-mexico

陽が燦々と降り注ぐ、爽快な墓場でした。

tombolablog-mexico

天国の入り口という名の通り、

オアハカの太平洋側の中では入江になっていて、

深い海なのでスキューバやダイビングなどが盛んなよう。

tombolablog-mexico

午前中のクリアーな海。静かで泳ぎやすい感じ。

ビーチの食堂で朝食を。

エンチラーダモレです。

tombolablog-mexico

蒸した鶏胸肉をトルティージャで挟み、

オアハカ名物モレソースで煮込んだアントヒートス(郷土料理)

濃厚に見えますが、結構あっさりしてます。

少し泳ぎましたが、景色がイマイチなので西側の村マスンテに行くことに。

tombolablog-mexico

コレクティーボ(乗り合いバン)というには、名ばかりのトラックの荷台。

入ってませんが、有名なウミガメ博物館。

tombolablog-mexico

tombolablog-mexico

マスンテの海も穏やか。

tombolablog-mexico

tombolablog-mexico

マスンテでゆっくり。

と考えていたのですが、思いの外ビールの値段が高い!50ペソもしました。

呑んべいには由々しき問題です。

目的はただただ「飲んで寝て泳いで」なので、結局歩いてシポリテに戻りました。

ビーチにはアカプルコチェアがよく似合う。

tombolablog-mexico

今回は本当に「シポリテでしっぽりて」でしたね。

tombolablog-mexico

tombolablog-mexico

少し荒い海がたまりません!

tombolablog-mexico

地元の少女たち。

この場所はローカル感があり、馴染んだ理由かも。

tombolablog-mexico

みるみるうちにマジックアワー。

tombolablog-mexico

夕方になると涼しいので、地元の人が散歩に来ます。

昨日今日と有意義な2日間。

仕事やネットの情報から解放された素晴らしい時間でした。

tombolablog-mexico

夜は宿のすぐそばにあった食堂でトラユダス。

tombolablog-mexico

薪で焼くトルティージャは絶品!

tombolablog-mexico

素晴らしい=呑みすぎるという時間を過ごしすぎたおかげで早寝。

明日はメキシコシティへ戻る日です。

この時点では何も知らず、蚊帳のあるベッドでスヤスヤ眠りに入りましたとさ・・・・・・

メヒコの独立記念日が近いです。


先日、お亡くなりになったメヒコの国民的歌手 ”Juan Gabriel”さん。

国葬級の大物すぎるお方です。

正直歌うのはロマンティコばかりで、何がええのか日本人には全くわかりまへんが、
若い時分の映像は少し面白いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *