メキシコ買い付けジャーナル’16 【4/9メキシコ DF メルセー&ソノラ】

朝起きて、午前中はずっとパッキング。

160サイズの段ボール5箱に回転ライトが4箱。トランクは2ケース。

かなりの量になりました。

宿の倉庫内に、一年以上置きっぱなしだったものも整理してスッキリ。

午後からは最後の買い付けで、お客様の注文分を仕入れにメルセー市場へ。

tombolamexico-blog

ピニャータは年がら年中売られています。

メヒコでは誕生日パーティーに絶対必要なアイテム。

tombolamexico-blog

いつ来ても人が多すぎます。

tombolamexico-blog

最終日なので、屋台料理を食べまくろうという思惑。

tombolamexico-blog

ロンガニサ(腸詰)のタコス屋台。

tombolamexico-blog

ここで青トウモロコシのケサディージャ。うまいわな〜。

そしてソノラ市場にもよってお祈りアイテムの仕入れ。

tombolamexico-blog

いつも行く店のしっかりした兄ちゃん。計算が速い。

メトロブスでバルデラス駅前まで。

停留所前のタケリアで昼食。

tombolamexico-blog

付け合せとサルサは取り放題。

tombolamexico-blog

アラチェラ(牛ハラミ肉)のタコス。

tombolamexico-blog

お土産ショップが集まるシウダデラ市場でサラペなど仕入れ、宿に帰宅。

買い付けはこれにて終了で、帰国仕度の準備。

夕方になり歩いてチョポのウォルマートへ。

tombolamexico-blog

お土産で喜ばれるケシージョ=オアハカの丸いチーズ。

tombolamexico-blog

頼まれても食べたくない、メヒコの甘すぎケーキ。

時間が空いたので、またメトロでセントロに行き、

久々にサパティスタ支援カフェ”Rincon Zapatista”へ。

時間が空いたので、またメトロでセントロに行き、 久々にサパティスタ支援カフェ"Rincoln Zapatista"へ。

しかしその扉は閉ざされておりました。

tombolablog-mexico

帰り、ソルト・デル.アグア駅前のチキン屋台で夕食。

tombolablog-mexico

これも美味かったなぁ〜。1/4羽で30ペソ(200円くらい)

深夜の出発まで時間があるので、インスルヘンテスまで行き、おなじみのプルケリアへ。

tombolaosaka-blog

3階ではこの店のフォトグラファー、ファン・カルロスの写真展

tombolaosaka-blog

毎日、お客さんを撮影しているので、自分の写真があれば持って帰っていいみたい。

店内は週末で賑わっていましたが、顔見知りのスタッフは誰もおらず

プルケとビールを飲んで帰ることに。

部屋で少し休んで、約束の午前2時より少し早く、

予約したシャトルタクシーがやってきました。

車内にギュウギュウに荷物を載せ、出発するとすぐにチップ100ペソ要求される…..

かなりの高額請求ですが、荷物の積み込みと降ろしを考えると、まぁ仕方ないか。

tombolaosaka-blog

空港に着いて、朝4時のチェックインまでどこにも動けずこの状態(笑)

荷物については、宿の宿泊者に持って帰ってもらった3箱も加えると約300kg。

アカプルコチェアの仕入れを除けば、買い付け量では今回が一番でしょう。

tombolaosaka-blog

滞りなく、チェックインできて早朝6時アメリカン航空、LA経由で成田まで。

この後、ロスで予想だにしなかった、まさかの荷物ピックアップがあり

めちゃくちゃ大変でした!

素直にダラス乗り換えにしとけばよかった…..

tombolaosaka-blog

というわけで、2016年春の買い付けジャーナルは終了。

全日程分を書き終えると、再びメヒコへ行くシーズンになります。



マヌチャオのプロデュースでアルバムを発表した、伝説のカリプソ・ローズ。全体的にらしい仕上がりで最高です。


アナログは10インチ2枚組。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *