メキシコ買い付けジャーナル’16 【10/6 メキシコシティ】

毎年恒例のクリマスカードを、ホームページにユーザー登録をしていただいた皆様と

店舗にてカスタマーノートに、住所を記入していただいたお客様宛に発送いたしました。

今年の作家はメキシコDFのサンラファエロ地区でアトリエを構え、

日曜のチョポのマーケットに出店もしている、ノエ・バスケスの版画作品。

今回のブログにも彼のアトリエの様子が登場します。

では以下買い付けジャーナルです。


起きて、宿のチェックアウト準備。

午前中は昨日行けなかったソノラ市場へ。

10月になり死者の日のがいこつグッズが並び始めました。

こちらは季節関係なくいつもあるピニャータ。

ポケモンGOのおかげで、どこもかしこもピカチュー。

イベントシーズンは市場奥のプラザも開放されます。

ここ最近は死者の日だけでなくハロウィンも大盛り上がりなメヒコ。

子供用のコスプレグッズがたくさん売られていました。

今日は集中的に、卸先からの注文分の仕入れです。

死神サンタムエルテのレジン人形や

カスエラという土器の食器類。

ソノラ市場は通路が狭いので、荷物が多いと大変です。

ひと段落終えて、市場の端っこにあるシーフード屋台で昼食。

海老と牡蠣のミックススープと魚のフリッター。

スープでほっこり。

午後は宿で、買いつけた物の整理と梱包作業。

夕方も卸先の仕入れのため、シウダデラ市場へ。

マルガリータ用の吹きグラスのカラーを注文。

少し時間ができたので、一駅先のサンファン民芸品市場も寄りました。

しかし相変わらず閑散としていて、いい施設なのにもったいないなぁ。

そのまま古い友人であるノエに会いに行く。

アトリエがまた引っ越したらしく、迷いながらサンラファエル地区へ。

メニューがチャックノリスやマチェーテといった強そうな名前が並ぶ、

ハンバーガーのトラック。

フードトラックがあるエリアはちょっと洒落てます。

やたら花屋がたくさんあるなと思ったら、大きな火葬場がありました。

市が公認するカサ・カルトゥラ(文化施設)にノエのアトリエはありました。

グループ展のオープニングだったようです。

2階の “Taller Ajolote”=ウーパールーパー工房が彼のアトリエ。

この日はノエの写真はなかったので、☞過去のブログを参照してください〜。

インスタレーションや、コントラバスとポエットのパフォーマンスなどなど

どれもアートと呼べるかわかりませんが、とにかく何か作るのが大好きなメキシコ人。

ノエのステンシル作品。

彼のこんなポップな絵が好きなのですが、オーダーしたクリスマスカードは

出来上がってみるとカッチリした版画でした…….

トランプさんはこの何日か前メヒコに来てました。


何を表現したいのでしょうか??

8時ごろ、この施設から歩いて宿へ帰り準備。

夜の2等バスでオアハカに向かいます。

道向かいの屋台でタコスとビールを流し込み、

10時のバスに乗り込みました。


皆様穏やかなクリスマスをお過ごしくださいませ。 トンボラは出店で大忙しです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *