メキシコ買い付けジャーナル’16 【10/9 DF サンフェリペ&ラグニージャ】

早朝6時前、いつものように革命記念塔の裏に夜行バスは到着。

預けていた荷物の中身を確認するが、やはりオアハカの宿に顧客からオーダーの

メスカルを6本丸々忘れてきてしまったよう。

合計額は6000ペソ……(約35000円)

ペンションアミーゴに戻り、宿の情報を調べるが電話番号は発見できず。

しかしFaceBookのページを発見したので、とにかくメッセージを送信。

少し落ち着いたので、準備して早速買い付けに出かけます。

小雨降る中、メトロブスの4号線と7号線を乗り継ぎ、エカテペック方面へ。

日曜に開かれるサンフェリペのティアンギス。

その道中のバルバコア(羊の蒸し肉)の屋台で昼食。

いろいろな部位のミックスタコスとスープ。

精がつきます。

1年ぶりのサンフェリペ。

以前のブログにも書きましたが、この辺りはスクラップ工場がたくさんあり

鉄や金属のガラクタがたくさん売られています。

状態の良いビンテージ自転車

なじみのガラクタの店で物色。

「スリフトショップ」というカッコイイ雰囲気では全くありません。

動物の骨や毛皮を使った奇妙のオブジェを売る店。お気に入りです。

いつも大流行りのパエリア屋。

タケリア(タコス屋)の文字と絵の独特な看板。

などなどティアンギスはいつ来ても楽しい。

人が増えてきたので、仕入れを終えてセントロに戻ります。

買い付けたものを宿に置き、ペセロで向かった先はラグニージャの蚤の市。

雨は止みましたが、3時なのに閉め始めてる店もあり焦燥感。

古いものを売るティアンギスの中ではピカイチの品揃え(高いですが)

普段行くことの無い家具屋も覗いてみました。

するとこのようなビンテージのいい食器が残っていたんですね〜。

古い絵が描かれた大きな壺も。素敵ですが重くて運べません…..。

写真がないですが、いつもの息子兄弟からロレンソファミリーの作品を仕入れます。

そして結構sold outが多いですが、ビンテージの民芸品やノベルティアイテムはコチラ。

帰りにツナのジュースを飲みます。(写真はココナッツですが)

奥の緑色の液体がツナで、サボテンに成る実を絞ったジュース。

戻ればオアハカの宿からメッセージがあり、忘れたメスカルは保管しているとのこと。

お〜!胸を撫で下ろしました。

あとはこのまま預けておくか、誰かに取りに行ってもらうかが悩みどころ。

夜はサンコスメの山羊肉レストランへ。

かなり疲れが蓄積しているので、昼に続き精の出るタコス。

なかなかの臭みで苦手な人は無理でしょう。

自分も3つで充分でした。

帰りインスルヘンテス通りを歩くと、サーカスが興業開演中。

メヒコに来だした時代から、ずっと同じ場所にあります。

1度見てみたいもんです。

夜は集中的にパッキングとインボイス作成。

今回の買い付けもよく働いています。

一昨日、お亡くなりになったヤキ・リエベツァイトさん。言わずと知れたCANのドラマーで、彼の叩くビートがクラウトロックそのものだと思います。


個人的には2003年に京都で演奏を聴いたこのデュオが、よい思い出です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *