メキシコ買い付けジャーナル’16 【10/14 サンミゲル・デ・アジェンデ】

朝9時起床。なかなかの移動疲れが残るも、シャワーを浴び準備をして

10時過ぎ出発。

宿の近くにマスク博物館があるというので坂道を歩きます。

個人のコレクションを自宅で展示してるみたいですが、玄関は閉ざされていました…..

すごすご戻っているとオハラタ(ブリキ)工房を発見。

主人とお話すると、やはり注文には最低ロットがあるみたいで今回は断念しましたが、

人気のスターライトを今後仕入れたいと思っています。

セントロ方面へ向かいます。

朝から美しいサンフェリペ・ネリ教会。

中も厳か。セマナサンタ(聖週間)の時期はここから受難劇が始まります。

☞以前の買付ジャーナル

そして有名な女優?が経営する”Cafe San Augstin”で朝食。

久々に朝食っぽい感じ。(朝からタコスが多かったので…..)

自分以外のお客さんは皆チュロス頼んでました。名物のよう。

そしてなぜかサンミゲルにくる日は月曜ばかりで閉まっていた

“la esquina” アンティークオモチャ博物館に念願叶って行きました。

こちらも個人で運営されている博物館ですが、もう素晴らしすぎました!

DFの民芸品博物館は伝統的な民芸品や、歴史的価値のある作家の工芸品を展示していますが、

こちらはメキシコ中の郷土玩具。しかし数が半端なかった。

tumblrに写真をまとめておきました。)

http://nambaman.tumblr.com/post/157940597398/la-esquina-museo-de-juguetes-antigudades-en-san

古いメキシコのフォークアートが好きな方はぜひ行っていただきたいです!

テンション上がってきたので本格的に買付開始。

気温はどんどん上昇中。

顧客様のオーダーで生地を仕入れに“San Miguel Designs”

その後は町の西にある市場へ。

隣接した民芸品市場の馴染みのお店。

市場が改装されて、それぞれのショップも綺麗になっていました。

市場の端にある階段下の場所。いつも陳列が変化していてフォトジェニック。

昼食は流行っていたカルニータスのタコスを。

午後になると真夏並みの日差し。

たまらずジェラード屋台で、アイス食べます。

宿に買い付けた品々を置きに帰り、また街中で休憩。

古めかしい実にメヒコらしいバーで、チェラを1杯。

と、長くなってきたので後半へ続きます〜。

92年の水戸芸術ホールの「ディファレント・トレインズ」他

97年のさいたま彩の国劇場の「18人の〜」「ドラミング」他の2日公演

に続き店主が体験した3度目のライヒは、想像以上の素晴らしさでした。

(その間何度か来日公演は開催されています)

特に三演目の、2013年に作曲された「カルテット」の美しさといったら!

動画がなかったので、二演目の「マレット・カルテット」を。


コメント

  1. 矢吹陽子 より:

    はじめまして。
    突然のご連絡失礼します。

    私は、ニューヨークに本社を置く、生活情報誌を発刊しておりますY’s Publishingにて編集をしている矢吹と申します。弊社では、アメリカの東海岸を中心とした都市、および、メキシコに関する生活情報誌を毎年それぞれの地域ごとに作成しており、現在メキシコ便利帳という本を作成中です。
    この度、新たにおもちゃ博物館を掲載するのですがトンボラ様のページにあるSan Miguel se Allendeのおもちゃ博物館のお写真を掲載させていただきたく、ご連絡いたしました。
    可能でしたら2-3枚のお写真を使用させていただければ幸いです。
    ご連絡お待ち申し上げております。

    • ナンバマン より:

      矢吹様 ご連絡遅くなりました。写真の掲載の件ですが、ご自由に使用していただいて結構です。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *