メキシコ買い付けジャーナル’17 【4/5 DF サンタマルタ】

本日も寝坊気味で9時半出発。

革命記念塔の広場に昨日まであったお花畑が、きれいさっぱりなくなっている朝。

サンラサロ駅までメトロで。

そこからはカミオン(乗り合いバン)でアカティトラ方面へ。

水曜日はチャチャラ(ガラクタ)マーケットで最大のサンタ・マルタのティアンギス。

市場の片隅のグアダルーペ。危険な事がないようにとお祈り。

古着屋台エリアを通り抜け、

スクラップ部品エリアが出てくると、

だんだんゴミのようなガラクタを売るエリアが出現します。

もはや粗大ゴミ。

家電の墓場。

こおいう物も結構あります。

DJしながらレコード売ってる屋台。

ジャンルはハイエナジーという馴染みのない四つ打ち音楽。

午後になって人が増えてきました。

昼食に雌牛の頭のタコス。

トロントロンの歯応え。と緑のジュース、アグアベルデ。

たぶんペピーノという瓜とライムを混ぜたような感じです。

午前中だけで2頭も!

広大なティアンギス。目溢しがないよう隈なく歩きます。

ペンキで固まったハケの山

価格は3〜5ペソ(18~30円)がほとんど。

たまに15ペソと値打ちをこいてくる輩もいます。

メテペックの古い陶芸品。このようなお宝があるので、ゴミ漁りはやめれません!

ティアンギスには必ず合鍵の移動屋台が生息。

大収穫で午後4時ごろ帰宿。

ダンボールを買いに行ったり、パッキングをしたりと休みなく労働。

暗くなる前に歩いてゲレーロ方面へ。

駅前の大きめの教会。

マヌエル師匠の倉庫へお邪魔。

いつも古い民芸品を集めてもらっています。

黴臭い部屋に山のような物物物物。

こんな風に状態の良いものを用意してくれているので、助かっています。

そして今回の最大のミッション!

この150cmの生命の樹を日本へ送ります。

運送会社に見積もりをしてもらうため、寸法と重量を計りました。

帰りに定食屋でビールと夕食。

鶏胸肉のソテー。あっさりしたお味。

ヒジョーにビミョーな内装のお店

そしてメトロブスで待ち合わせのプルケリアへ。

今回は日本からレコードを持ってきていないので、DJはしませんが

長らくホームグランドである最高の店です。

日本好きの写真家チャドとメヒコで料理修行をしているスージーちゃん。

テラス席でプルケ4杯。

酔っぱらいました。

日曜に会ったカルロス=DJ Tropicazaのレギュラーイベントでした。

12時で終電ギリギリまで。

インスルヘンテス通り沿いにあったレストラン。

うち(TOMBOLA)のシャッターもこうしよう!


暑いので涼しげな曲を。旅の気分を高めていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *