メキシコ買い付けジャーナル’17 【11/8 DF アカティトラ&メルカド・ソノラ】

朝5時目覚めてしまう。
2度寝を試みますが、寝付けず……

7時に出発。

ピノ・スアレス駅の遺跡は修理中?のようです。

1号線終点のパンティトラン駅は、出勤ラッシュでやばい人の海。

乗り換えが面倒ですが、メトロで向かった先はもうおなじみ?

ゴミのティアンギス”El Sabado”=土曜日。

水曜と日曜に開かれているマーケットなのに何故?

昨日、パーカーを落としたので、新たな服を物色。

すぐに20ペソのいいのを買えたので、買い付けモードに入ります。

売られているものは相変わらず。

セントロではあまり目につかないですが、こっちの南部は道路がひび割れだらけ。

9月の地震の爪痕。

似てないなー、ベネチオ・デル・トロか鹿賀丈史?

この雌牛の頭肉のタコスは本当に美味しい。

ですが、暑いのと寝不足で脂っこいものは敬遠。

この屋台で、マッシュルームとカボチャの花のケサディージャとハマイカジュース。

あっさりしていて丁度よかったです。

屋台の真ん前でパンを売る男。

営業妨害だとか、文句など言わないのがメキシコ人のいいところ?

自分だったら即クレームつけますね〜。

買い付け再開です。

ビールメーカーのノベルティグッズ屋台

暑くなってきて、疲れがどっと……

バスも販売中

サウスパークで毎回死んでしまうケニーのカフェ!?

意外にメヒコでは珍しいサンタさん

あまり掘り出し物は発見できませんでしたが、それでも大きなズタ袋2つ分の買い付け。

両肩に背負い、ペセロとメトロブスで宿に戻ります。

1時間半以上かかりました。

少し休憩して、午後2時メトロブスでソノラ市場へ。

めっさ暑いです。

メキシコは今寒いらしいて、誰かが言ってたのを鵜呑みにしたのが間違い。

そしてこの人が歩いただけで揺れる陸橋。よく地震で大丈夫だったなと思います。

死者の日が終わって、早くもクリスマス商戦!

この市場には卸先への仕入れが主な仕事。

お守りやらサンタムエルテ像のオーダーにきました。

来年の干支の戌のアムレットがたくさん。

珍しくパペル・マチェの店も開いてたのでラッキー。

少年より大きなピニャータ人形

夕方になり、かなり朦朧としてきたので早めに切り上げました。

宿に戻り、近所のオアハカ料理定食屋で夕食。

メインはミショーテ・デ・レス。

牛肉の蒸し焼きのはずですが、出てきたのはアルミに包まれたブロック肉……

夜は日本と連絡をいろいろしていたら、いい感じに眠気が来て

12:00就寝。

先週、東京出張でお邪魔した井出靖さんのお店“The Grand Gallary”

こちらで今年中に面白い展示会ができそうです。

もちろんメキシコに関すること。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *