メキシコ買い付けジャーナル’18 【7/2 モンテレイ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝6時に起きて7時に宿を出発。

メトロブスで空港まで。

9時半のフライトでモンテレイに向かいます。

LCCのボラリス社。1週間前に予約して片道800ペソ(4800円)くらいでした。

預ける荷物もなくすんなりチェックイン。

まだ搭乗まで30分以上あるのに、席によっては早くも並ばされます。

ちょうどW杯の決勝リーグ、vsブラジルの開始時間が迫っています。

1時間45分で到着。

メキシコ1点差で負けています。

しばらく観戦することに。

メキシコがボールを回していますが、中盤からまったく攻めこめません。

終了間際に1点追加され万事休す。

メキシコのチーム並びに国民の皆さん、お疲れ様でした。

空港からモンテレイ市街は空港タクシーとターミナルバスしかありません

タクシーは400ペソくらいしますが、バスは194ペソでした。(それでも高いと思う)

北の大都市モンテレイ。7月は灼熱。陽がまぶしくて目が開けれません。

バスターミナルからメトロの駅まで。

14年ぶりに来る街。高速道路だらけになり発展し続けているようです。

しかし路上の物売りを見ると。やはりここもメヒコには違いありません。

地下鉄入り口前の屋台で腹ごしらえ。

カルニータス、トリッパ、スアデロの脂こいトリオ。

ああ!なんか久しぶりに食べたノルテ(北部)の大雑把な味!

ティファナとかもこんな感じのタコスが多い気がします。

メトロの駅は綺麗です。昔よりかなり路線が伸びました。

終点のサラゴサ駅へ。

ルイス・バラガン設計のコマーシャルタワーがお出迎え。

予約していた歴史地区のホテルへ向かいますが、暑さでヘトヘト、、、、、

気温が35°まで上がるそう。

友人が予約してくれたホテル・フンダドール。

アールの効いたカッコイイ建築です。

到着してとりあえず、ビールを買いに行きます。

スーパー「エル・パソ」国境のテキサスまでここから2時間。

メキシコ国内はメスカルの次にクラフトビールのブームがきています。

北部が発祥のブランドが多く、見慣れない銘柄もたくさん。

(ミネルヴァは日本にも輸入されています)☞casa natural

泊まったホテルのエリアはバリオ・アンティグアと呼ばれ

古い町並みを残していますが、幹線道路を挟むと一気に大都会。

ついでに少し散歩。

川で遊覧もできる大きな公園を歩きます。

そう広くない歴史地区もぶらりと。

国境の近さを感じさせる町並み(笑)

ハリボテ感があります。

おっ!レコード店。あとで行こう。

なんの手順??

とにかくアンティークショップがたくさんあり、友人が勧めてくれたのも頷けました。

しかし月曜のためほぼ閉まってましたが…..

開いていた2,3軒をチェックしました。

民芸品は少なかったですが、悪くない品揃え。

少し仕入れもできました。

さすが人口が国内2位の都市。

歴史はないですが、アメリカが近いのでモノはたくさんあるような気がします。

しかし暑いので、一旦ホテルへ。クールダウンせねば。

夕方になり、約束の時間までまた街歩き。

83年に完成したモニュメント。バラガンの晩年の仕事。

夜になるとレーザーが放出されます!

白亜のカテドラル。清潔感??

中の壁画はパライソへ誘う使徒や天使たち。

市民の憩いの場所。細長いマクロプラザ公園。

青空マッサージ師たちがたくさん客待ち。

こちらでは少女たちがダンスの練習。

中心街に足を伸ばして。

民芸品やお土産が並ぶショッピングモール。

えらいクラシカルな建物は

レストランでした。

人は多いがゴミゴミしてない街。

バリオのほうに戻り、3年ぶりに会うジェンと待ち合わせ。

陽も落ち、夕食の店を回るも満員と休店。

クラフトビールが飲める店で再会を祝い乾杯しました。

一時期いい仲だった彼女。

家族でDFからモンテレイに引っ越してきて2年だとか。

もう娘もいるなんて……(シングルマザーですが)

2011年当時よくDJをしていたローマのプルケリアで働いていました。

明日は一緒に買い付けを手伝ってくれるとかで、頼もしい。

昼間から飲んでるので眠気が来て

すんなり宿へ帰って就寝。

最近なぜかよく聞いています。

声だけを聴きたいのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *