メキシコ買い付けジャーナル’18 【7/5 モンクローバ→マテワラ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝7時半起床。

朝から雨模様。

ビクトルがティアンギス・デ・プルガ(蚤の市)

に連れて行ってくれる手筈だったが、雨のため開かれないだろうと。

全てプルガで買ったものだとか

ミワちゃんは仕事なので、送り出してからビクトルが朝食を作ってくれる。

懐かしい味のサンドウィッチ。

アメリカへの国境越えは今回諦めて、南下することに。

サンルイス・ポトシ行きのバスは11時。

それまで荷造りやビクトルと世間話。

男49歳、娘2人も家を出て専業主夫。

何にもない町で哀愁を感じさせる。

ビクトルのトラックはバンパーがなく雨中は危ないというので

ミワちゃんが見送りに戻ってきてくれる。

お世話になり、ありがたや。また来たいなぁ。

次回こそテキサスから国境を越えて!

モンクローバのターミナルにて。待合室はwifiが入りました。

1時間のバス遅延でサンルイス・ポトシ州の中継地マテワラへ出発。

結構な雨降りで移動日にして良かったです。

昼食もビクトルが持たせてくれたサンドウィッチとビール。

両替所が幹線道路沿いにあるのもノルテ(北部)ならでは。

大きな街サルティージョでバスの掃除タイム。

荒涼とした土地をひたすらバスは進み、

6時間半かかりマテワラ到着。

ここに降り立つのは10年ぶりかな??

荷物が多いのでセントロまでタクシー。

三軒回って250ペソ(1500円)の安ホテルにチェックイン。

ディナーを求めて外へ。

古くは鉱山資源で栄えた街。

マテワラという聖人の名前がついていますが、アシエンダ(荘園)の街でもあったそう。

メルカド周辺はやたら、エローテ(ゆでトウモロコシ)とエスキテ(カップに入ったコーン)

の屋台ばかり……..

適当に入った食堂でタコス。

カンペチャーノとトリッパ。肉がパサパサでした。

この辺りも肉肉肉の食文化ですね。

描きかけ?謎が多い実にメヒコらしい食堂でした。

宿戻り冷たいシャワー浴びて、11時就寝。

明日も10年ぶり。レアル・デ・カトレセ行きで早起き。


Mに捧ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *