メキシコ買い付けジャーナル’19 【7/2 CDMX 化けたメルカド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり時差ぼけに勝てず深夜1時に目覚めて

睡眠アプリで波の音など聴きつつ、ウツラウツラ,,,,,

結局7時半には起きる。

朝食にコーヒーとフルーツ頂いて

9時にメトロでメルセー市場へ。

駅が見違えるように改装されている!!

メキシコシティはとにかく連邦区なので見栄え良く

改修工事だらけだが、メルカド周辺は後回しだと思っていた。

駅の出口と市場は直結してるのは、変わっていないが……

メルカド内もスペル綺麗になっとるがな。

まずは開店準備中の厨房機器店で、注文品の買い付け。

そのあとは隣接するソノラ市場へ。

道路も青空屋台で占拠されていたのが、柵が作られメトロブスが通行できるように!

これは凄いなぁ〜。大統領代わったおかげ?

ソノラ市場のほうは全く変わっていなくてちょっと安心感。

市場内の狭い路地は自転車とか物売りのリアカーが通るので大変です….

ソノラ市場では、ムエルテ像の注文(今回100体!)

アムレットの調査、ルチャマスクの買い付けしていたら

キャッシュがなくなって、一旦引き上げることに。

メルセー市場に戻って早い昼食を屋台で。

通りの角の屋台で青トルティージャのケサディージャ。

脂濃いものを避けたつもりでしたが、チーズの量が多くて結局ヘビーでした…

メトロのメルセー駅から帰ります。

オシャレな壁画も!

しかし大量のトウモロコシが積み上がってるのを見て、市場の中身は一緒で安心。

一旦帰宅。

ローマ・ノルテまでのメトロの乗り換えは面倒だが仕方ない。

荷物を置いて歩いてセビージャ方面へ。

恒例の学生証の更新に行きます。

今や年間90ペソも徴取されますが、バケーションシーズンのバス料金が半額になったり

美術館は無料もしくは半額。遺跡は毎日無料。

しかし最も恩恵があるのは、写真入りのIDを持てることかもしれません。

道すがら見かけた電線アート。

公共の電気を勝手に使うのが、屋台などの通例なので

始末が悪いとこうなります。

メトロ1号線でバルデラス駅まで。

夕刻シウダデラ市場へ。

人が少ないので、珍しく各お店を隈なくチェックしました。

さすがここで仕入れるものはほとんどありませんが、(高いので)

おそらくメキシコ雑貨が好きな方々は最初にくる場所でしょう。

53周年のバナーに気合いを感じます。

そう遠くないサンファンやインスルヘンテスという

メキシコの民芸雑貨お土産モールより、なぜシウダデラに人が集まるのかは

わかりませんが、

ブリキやガラス、ギターなどの工房が市場内にあるからかもしれません。

(単に交通の便がいいという理由も)

市場裏にあるレコード屋台は閉まっていました。

メトロブスで一旦帰宅。

泊めてもらうパコハウスはWajiro Dreamの事務所でもあるので、

スタッフが働いている時間は居場所なく、またローマ地区を練り歩いてみました。

とにかくレコードショップがかなり増えました。

メキシコは古いものを重宝する文化的気質ですので、

潜在的な需要と供給はありましたが、お店が増えるというのは楽しいことでしょう。

クアウテモック通り沿いはそうフレサ(高級)な感じもなく、いい雰囲気です。

そして北上していたらアレナメヒコの方に向かっていました。

火曜なのでルチャがある日です。

いつも注文してるLucha Urbanaのオディンにも挨拶と

あらかじめオーダーしてあるTシャツの数の確認。

いつも火曜日に出店している古本業者を探しましたが、

この日はいなかったのでバルデラス駅前で夕食を。

ビリアの屋台があれば、頼んでしまう!

ビリアは羊を蒸した肉のことで、スープでよく食べられます。

50ペソ=約300円。

トルティージャも好きなだけくれるので、肉を包んで食べたら満腹。

今でも変わらない看板の素晴らしさ!

メトロブスで帰りますが、駅に着く前に大雨が……

停留所で30分近く待ちますが、止む気配なし。

走って帰ることに。

近くにはシュっとしたサルサクラブがあります。

社交場なんでドレスコードがあるようです。

シャワー浴びて11時早々に就寝。

するも時差ボケで2時頃目覚め。

はぁ〜。

トン・ゼーさんが85歳にして初めて来日するそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *