USA 買い付けジャーナル’17 【11/26&27 LA】

前回からの続き。

だんだん日が暮れてきて、急いで“Arte de la vida”へ。

7月に来た時は会えなかったケビンもいて、二人で快く出迎えてくれました。

☞7月の過去ブログ

彼らは人生をメキシコの民芸品収集に捧げているほどのコレクターですが、

スペイン語が喋れません。

なのでメキシコには行きたくないのだとか。

ジェームスさんは昨日誕生日だったので、日本からプレゼントを持って行きました。

彼らの店もスモールビジネスサンデーに参加していたので、

かなりの値引きをしてもらい、良い買い付けができて満足。

またまたtumblrでご紹介しています。

http://nambaman.tumblr.com/post/174170750273/tienda-de-coleccionistas-mexicanos-arte-de-la

ハードなのはこれから。

一晩かけてロスに舞い戻ります。

ハイウェイ10をひたすら西へ。

フェニックスのサービスエリアで夕食。

チェーン店Carls.Jrでグリーンブリトーなるもののセット。

ブリトーの中にライスが詰めてあるのに、またライスがトッピングされている,,,,,,

そら腹も脹れまっさ。12ドルもしたし。

そして寝たり起きたりを繰り返し、チンタラと車を走らせます。

11/26

アリゾナ州は景色がずっと同じなので、朦朧としてきます。

朝6時やっと州境に来ました。

少し走って、チリアコ・サミットという場所のサービスエリアで、歯磨きや洗顔。

朝食はマクドナルド。

真っ青な空。

風車の大群

日曜の午前中なのでロス市街も渋滞がなく、すいすい走り

午前11時にサンタモニカに到着。

結局15時間かかりました。

サンタモニカの空港裏である第4日曜のフリーマーケットです。

入場料5ドル。

エリアが小さいので心配しましたが、不安的中。

メキシコのものがぜーんぜーんナイ……

ニューメキシコのウッドカービングだそう。高かった。

HOTな悪魔

なにも仕入れずに徒労に終わりました。

そして前回面白かったLCCAのスワップミートへ。

やっぱりこっちの方が楽しい。

予定が早く済みましたが、近くなので今夜の宿であるクニコハウスへ。

昼食は前のスーパーで買ったカップ麺。

眠りたいところですが、明るいうちに梱包とパッキング。

夜は道向かいに出る屋台で夕食。

前回美味しいと思ったブリトーにしました。

すでにシナってる。テックスメックス料理の正解がわからないです。

さすがに9時ごろ眠り落ちました。

11/27

爽快な朝を迎え、朝10時ごろ宿を出発。

まずはカーバーシティという地区にある、バルデス夫妻のお宅へ。

☞フランク&トリニー夫妻については過去ブログ

今回も少しコレクションを譲っていただきました。

あとはいろいろ情報交換。

ぜひ行ってみたいニューメキシコやエル・パソにサンフランシスコの

フリマ情報やショップなど。

アウレリオ・フローレスの生命の木。

息子フランシスコのものより、鳥や花のパーツが立体的だということを教えてくれました。

メテペックの古いツリーオブライフにマヌエル・ヒメネス作のウサギ。

ウニオン村のウッドカービング

などは非売品でしたが、現在は彼らのwebshopやebayに出品されてるみたいです。

その後は美術館などに行きたかったのですが、月曜は全て休館。

ベニスビーチの近くに、アンティークモールが2軒あるみたいなので行ってみます。

1つは定休日でした。

もう一つのモールは営業。ショウウィンドウから期待が持てます。

シピボの壺は40000円越え

しかし予想通り値段が高い……トンボラより全然高いです。

ということは、コッチで商売できるかも?

どこのブースも洒落乙な空間で、ディスプレイの勉強にはなりました。

人は全く歩いていませんでしたが、ベニスは格好いい街でした。

なんと!メキシコのプエブラの郷土料理であるセミータのフードトラック!

なかなかマニアック。

しかし昼食はJack in the boxのハンバーガー。(写真ありません)

ロングビーチのアンティークモールに行きたかったのですが、

連休明けのLAのハイウェイは大渋滞。

諦めて今夜の宿であるホテル・アドベンチャーにチェックイン。

☞前回も泊まったこのホテルのブログ

寝るだけだと思いドミトリーにしたのですが、

部屋の中は大荒れ…..

荷物だけ置いて、レンタカーを返却。

送迎車から途中で降ろしてもらい、夕食とビールの買い出し。

最後までハンバーガーかぁと思っていたら、ライスメニューがあったので

テリヤキチキンライスを注文。

ホテルに持ち帰りプールサイド・ディナー。

11月のロスの夜は少し寒いくらい。誰も泳いでいません。

甘辛いソースがかかった炭焼きの鶏肉。

なかなか味は悪くないと思いましたが、量が多く最後は飽き飽き。

ビールかっくらって、まだ誰も寝てない時間の11時にベッドで眠りました。

11/28

朝6時に起きて、同部屋の人を起こさぬよう静かにシャワー。

7時にはホテルのシャトルバスで空港へ。

何事もなく、チェックイン。

11時のフライトで成田へ。

機内食は鯖の塩焼きと筑前煮。

正直、感動しました。 さすが全日空。顧客満足度世界一です。

という訳で、足掛け23日間の秋の買い付けは無事終了。

マヌ・チャオのお父さんラモンさんがお亡くなりになったそうです。

この曲はヘロインで死んだレ・ネグレス・ヴェルトのノエルに捧げる曲。

ラモンさんの著書は和訳され、友人である佐藤由美子さんが運営する

トランジスタプレスより出版されています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *