メヒコのヴァリオ人形コレクシオン!

年に2回、あるときは3回メキシコに買い付けに行っていますが、

一昨年くらいから仕入れの方法が、かなり変化してきました。

それはお客様のオーダーにメキシコの古い民芸品が多いこと。

この本の影響が強いみたいです。

(この本の影響が強いみたいです。)

しかしメキシコ国内で古いフォークアートはほとんどなく、海外のコレクターが

ほとんど買い占めてしまっているのだとか。

そこで店主が買い付け場所として目をつけたのが、

ティアンギス=青空マーケットやリサイクルショップ。

tombolablog-vintage

買い付けジャーナルにも書いている通り、メキシコシティでは毎日どこかでティアンギスがあるので、まさに足を伸ばして掘りに掘っています!(ちょっと危険ですが)

そのような場所ばかり行っていると、民芸品以外にも気づけば、

いろいろメキシコのオモチャ?人形が集まってきたので、ご紹介します。

こちらは新品ですが、民族衣装に身を包んだバービー様。チャリータ(カウガール)も。

tombolablog-vintagetombolablog-vintage

オアハカ州の東、テワナの衣装に身を包んだフリーダ。tombolablog-vintagetombolablog-vintage

眉毛は後から付け足したような……..

こちらはベラクルスのハローチョ舞踊を踊る女性。

tombolablog-vintagetombolablog-vintage

ステップを踏み鳴らす、木の板も再現。

メキシコ中で見かける先住民ウィチョール族の少年。

tombolablog-vintagetombolablog-vintage

クリソツ!

などなど人形自体はチープですが、どれも衣装の刺繍や小道具は本物志向。

かなり凝ってます。

そして珍しいパペル・マチェ=張子でできた馬に乗る革命家サパタ。

tombolablog-vintagetombolablog-vintage

写真の凛々しいお姿とは違い、まるでロシナンテとドンキホーテの様です。

(こちら売れちゃいました)

サパタさんはこんなマリオネットもありますよ。

tombolablog-vintagetombolablog-vintage

写真とのギャップが………..とにかく!今でも愛されているエミリオールおじさんでした。

最後は人気抜群、メヒコで愛されてるキャラクター”BIMBO”の白くまちゃん。

tombolablog-vintageosito

レアなノベルティの貯金箱が2体再入荷しました。

こちらはオフィシャルなだけあって忠実に作られています。

tombolablog-vintage

アメリカ西海岸やアジアにも進出するパンメーカー。

ここのパンは防腐剤と保存料たっぷりで、全くカビも生えず腐らないので有名です……….

などなど

今週末から東京の世田谷美術館で開催される、マヌエル・アルバレス・ブラーボの展覧会。

tombolablog-art

タマヨやフリーダ夫妻、ブニュエル監督などのポートレイトをたくさん撮った写真家。

店主は写真家の港千尋さんの著述で知りました。

長く生きただけあり、シュールレアリズムやデモの歴史。

墓地をテーマにしたメキシコの死生観をフィルムに収めてきたブラーボ。

メヒコでもあまりその作品を観れる機会はありません。

まとまって日本で開催されるとは!!! ムイ・オススメです!

店主も大阪から鑑賞に行きますよ!

tombolablog-tokyo

1日だけのPOP UP STORE。 “VAGABUNDO SHOP”とタイトルをつけました。

また詳しくブログでお知らせいたします!

とにかく7/23(土)という日付だけご記憶に止めてくださいまし〜。

早く晴れ間が見える季節になってほしいもんですね。


メヒコ産カンドンベ。

メキシコのアート全般について参考になります。ブラーボについての章もあり。

pop up storeの昼間に開催される「刺繍の会」を主催されている

長谷川ニナ先生による、ポサダの著述も当初は掲載される予定だったのだとか。

読みたかった、残念!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *