死者の日のイベントレポートと”Radio Harvest”出店のお知らせ

去る10/27(土)に東京で開催された

“Dia de Muertos Tokyo”のイベントレポートです。

会場のWall&Wallは、表参道の1等地にあるモダンなイベントスペース。

日本初の音響システムを備えているという、無駄のないソリッドな空間でした。

気合の入った死者の日のアルタール=祭壇。

センパチル(マリーゴールド)をうまくペーパーフラワーで表現してあります。

当店はカラベラやリメンバーミーのグッズと、メキシコらしいアイテムを販売。

今年は大阪のフィエスタメヒカーナが、台風被害のため中止になったので

たくさん在庫があるのです…….

一昨年のフィエスタメヒカーナお台場以来の久々の東京出店。

イベントは2時からでしたが、オープン直後から続々とお客様。

やはりお子様連れの家族が多く、みなさんしっかりガイコツメイクをされておりました。

この時間のお客様たち、

お目当のほとんどが、石橋陽彩くんの歌とトークだったことでしょう。

「リメンバーミー」 「少年時代」「音楽は人生」と3曲を熱唱。

トークも初々しさがあり、現在、日本を代表する14歳ではないでしょうか!

マリアッチ歌手のアンヘルは声がでかい……

石橋くんのおかげで「リメンバーミー」の関連アイテム完売いたしました!

皆様ミル・グラシアス!

夕方からはアルコール類も解禁され大人の時間。

メヒコ国内で揺るぎない高級テキーラである”Don Julio”を使った

有名バーテンダーさんたちのカクテルコーナー。

そして恒例のカトリーナ・仮装コンテスト。

今年は1週間前がエントリー〆切だったことと、

毎年参加する猛者カトリーナ(在日メキシコ人たち)が違うイベントに参加していたようで

たった4人の厳選された参加者たち。

みなさんレベルが高いメヒコ中毒者の方々。

優勝はモナルカ蝶にとりつかれたイメージの添田もりこさん。

Calaveritaという名でカラベラ人形を作っているぬいぐるみ作家さんです。

以前東京の出店をお手伝いしてもらいました。

セルバンテス文化センターで開催されていた”Dia de Muertos Japan”の方々も

やってきて大盛況。

マリアッチの演奏やベラクルスのサパテロ舞踊など披露され、

最後は昨年に続いて来日した”Nortec Colective”のペペのDJプレイ。

聴き慣れたそのトラックと生のトランペットで

酔っ払ったお客さんを盛り上げておりました。

ティファナの有名なシェフ、ホセさんの創作ソペとエスキテス。

ハロウィンに繰り出す方々で最後は満員に!

8時半で終了という爽やかな、”PR MEXICO”主催の死者の日のイベント。

来年も開催予定なので、また参加したいと思います。

いつか大阪でも開催したいなぁ。

朝5時起きで東京に来たので疲労困憊の店主近影

本日から11月。メヒコでは死者の日真っ只中で明日は祝日。

ですが、まったく関係なく今週土日は

こちらのイベントに出店いたします。

FM802主催”Radio Harvest” in 中央公会堂。

ライブあり映画ありワークショップありフードありメキシコ雑貨あり(当店だけですが)

の賑やかな催し。

周辺の中之島も大阪市主催の文化イベントが開催されているので

ぜひ足を運んでみてくださ〜い。

このイベントでライブがあるスペシャルアザーズ

いまこんなことにはなってるとは!

知らなんだ〜あ〜知らなんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *