メキシコ買い付けジャーナル’17 【4/17&18 メキシコDF】

4/17

朝10時に北バスターミナルへ到着。

メキシコシティ寒い!

トローリーバスとメトロブスを乗り継ぎ宿へ戻りました。

寒暖差のためか、最後の大仕事が待っているのに体調が優れません。

葛根湯を2袋飲んで、少し休んでから

セントロにパッキング用の資材を買いに行きます。

日本からもプチプチは一巻き持って行きますが、全然足りません。

ここでクッションのような緩衝材を布団のように持って、メトロブスで帰宿。

それからダンボールを買いに近くのFedexの営業所へ。

ここのダンボールがメヒコでは一番丈夫。

駅前の屋台でタコスランチ。

夜中はスカスカになる付け合わせの野菜やサルサが、昼間はたくさんあります。

パストールやスアデロやら。

この日の午後は延々パッキング。

夕方に雷雨があり、ガレージに置かせてもらってるダンボールたちを

守るのに必死。

夜は通関に必要なインボイスの作成と、事務的作業のみで終わった日でした。


4/18

朝起きて即、いつも頼んでいる運送業者にウェブサイトから集荷の依頼。

これが済めばあとは安心。

最後の買い付け業務の日です。

まずはメルカドメルセーへ。

日用品などを仕入れて、隣の市場ソノラへ。

途中にあった定食屋で早めのランチ。

豚肉のグリーンサルサ煮込み。

炊き出しのような盛り付けですが30ペソでは仕方ないか。

卸先から追加注文があったので、怒涛のように買い付けます。

午前中はまだ人も少なく、気が楽。

この市場には一軒素晴らしい張子の店がありますが、ほとんど閉まってます。

メトロブスで宿に戻り、連絡をイロイロ。

午後にセントロへ。

普段通りのソカロ。

国立宮殿の裏通りも重要な買い付けスポット。

こっちは人がひしめいています。

古本屋で古い民芸品の資料を購入。

友人のカスタムショップ”La Onda”へ。オーナーの二人はラスベガスへ行っていて不在。

えらい流行ってるタケリアができていました。愛とタコス……

国営の民芸品店Fonartへ。さすがにいいもの置いています。高いですが。

そのままメトロブスでゲレーロ方面へ。

強烈な夕方のスコール。

駅構内で少し待ちますが、止む気配がないのでマヌエル師匠のお宅へ走って向かいます。

明日、師匠から仕入れた150cmのArbol de la vidaをどう運ぶかの打ち合わせ。

タクシーでは無理だという意見や、梱包方法など議論が飛ぶ。

親身になってもらってありがたい。

帰り、まだまだ雨が降っていて夕食と雨宿りを兼ねてタコス店へ。

結局、ハンバーガーとグアバジュース。

今回の旅はトルタとハンバーガーを、いつもよりたくさん食べた気がします。

雨止まずメトロで帰ることに。

今年からゲレーロ駅は戦士という名の通り、ルチャの壁画がたくさん展示されています。

ショウウィンドウには写真やマスクの展示も。

改札内外と見応えがあるので、乗り換えついでにルチャファンの方は行ってみては?

未来永劫この展示があるのかどうかはわかりません。

そしてやはり、イダルゴ駅は乗客が多すぎて乗り換えれず…..

雨ですが一駅分歩いて帰りました。

明日のチェックアウト準備と、食堂で他の宿泊者との交流で夜は更けていきました。

来週、東京でファナモリーナ、ジェフミルズと共演する巨匠。


行きたいけど行けません……

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *