メキシコ買い付けジャーナル’16 【10/14 サンミゲル・デ・アジェンデ2】

前半から続く

ビール飲んでトランキーロ。

宿の兄ちゃんが

「セントロから遠いけど、最近すごいモールができたんだぜ!」と言ってたので

夕方だが行ってみることにしました。

途中にアンティークショップ発見。

結構良いものあったのですが、店内スタッフ無人君で梨の礫。

等身大のロバのオブジェ。メキシコ人は本当にロバが大好き。

そしてとにかく北へ北へ向かうと、だだっ広い施設が見えてきました。

“La Fabrica Aurora”

という荘園跡を改装したアートギャラリーやインテリアショップの複合施設。

完全なる富裕層向けのショップばかり。

オーガニック系や

トラディショナル系のショップなどなど面白かったですが、

仕入れるものはないな〜と思った矢先

現れたこのアンティークショップ。

広い店内、すべてメキシコの古い民芸品!

調度品から小さなフォークアートまで国内中から集められたコレクション。

ただ予想通り、価格が米国並みに高いです。

商売にはならないですが、

自分がもしコレクターだったら、狂喜乱舞していたかも。

(店主は民芸品蒐集の趣味はありません)

他にも

やたら素敵な中庭があり、

ギャラリーや

カフェもあり、ゆっくり過ごせそうな空間でした。

アシエンダの墓標

日も暮れてセントロに戻ると、今日は大安吉日なのか

そこらかしこで結婚式の行進で人がわんさか。

新郎新婦に似せた大きな山車が目印。

それぞれのパレードを仕切るマネージャーが配っている、

小さなコップをゲットすると、振る舞いメスカルが飲めます。

ロバが先導役。メスカルもこっから出てくる。

メスカル欲しさに付いていくのみ!

楽団がお迎えするレストランへ。

結婚パーティー会場でした。

紛れこめそうでしたが、疲れていたのでやめといて

屋台でアランブレ(ミックス)のタコス食べて帰宿しました。


哀愁のシコさん


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *