2016年あけましておめでとうございます。

もう関西ではえべっさんが始まりましたが、

なんとか、予定より2日遅れで 1/6にトンボラは、

元の場所にて雑貨民芸品店として再出発いたしました。

お正月返上で頑張った甲斐があり、狭いながらも素敵な空間になったと思います。

tombolablog-minamisemba

外観はさほど変わりませんが………アカプルコチェアを並べております。

(外をふんだんに使ってますが、まだ怒られた事はありません!)

壁にリンゴ箱を積んで

tombolablog-minamisemba

tombolablog-minamisemba

大きいアイテムは上段へ。

tombolablog-minamisemba

正面の壁はミラグロぎっしり。

tombolablog-minamisemba

上の棚には一際大きなディアブロのウッドマスク。年代物です!

tombolablog-minamisemba

グアダルーペのフレームライトも点灯しております。女性用の刺繍ウイピルも充実。

tombolablog-minamisemba

回転ライトは春に再入荷予定!

商品が陳列されていますが、テーブル席もあります!

tombolablog-minamisemba

カウンターも5席ありますので、種類は少なくなりましたが

店内でタコス食べれますよ〜。もちろんテイクアウトもOKす。

なかなか売れない(笑)ウィチョールとアクセサリーは隅っこへ。

tombolablog-minamisemba

カウンターの上にはブリキのコラソン。

左は珍しい死者の日の祭壇が縫われたオトミ刺繍。

tombolablog-minamisemba

奉納画エクスボトも飾りました。

tombolablog-minamisemba

プロダクトメーカーのアイテムやCDコーナーは入り口に。

tombolablog-minamisemba

日本全国のメキシコ料理店から注文殺到!

のメキシコ日用品ノベルティコーナー。生地やオイルクロスも充実してます。

tombolablog-minamisemba

これからはトンボラはメキシコ雑貨店ではなく、

【メキシコ専門店】と名乗ろうと思っています。

お客様からご指摘いただいたのですが、本場のタコスを食べれてセルベッサやメスカル

も呑めて、マニアックな雑貨や民芸品も買えるお店はないそうです。(当たり前か笑)

メキシコが好きな方はそれぞれの思い入れや愛があるでしょう。

おのおの素敵な思い出ができる楽しい国です。

しかし本当に面白いのは、首都メキシコシティが

世界一のカオスだといわれるように、この国がもつ「文化の振り幅」だと考えています。

世界遺産にも登録されたメキシコ料理。

cocinatradicional2-1

世界で最も古い組織のあるルチャリブレ&ボクシング。

野球にフットボール、闘牛も盛んです。

imgres

発祥のコロンビアよりも人気のクンビアのリズム。

野外ダンスのソニデロは毎週末。

hqdefault

キューバから影響を受けたソン・ハローチョ。

Son-Jarocho_Hanna_11web

大衆的なイメージのマリアッチ。

url

もちろん世界と同様、ヒップホップとエレクトロニカも流行です。

hqdefault-1

スカも変わらず大人気、パチューコやカスタムカルチャーなど

古い文化への造詣も深い

7853ca16c82fde60504cb9d074d0b568

ピラミッドもあれば高層ビルもある。

Tlatelolco3

バラガンやキャンデラのようなモダンな建築デザイン。

images51c2f3d57a17984d623462da968dd4ee

セノーテの泉や美しい海。

cenotes-mexico-106url

過剰なカトリック信仰やカルト信仰。

img_5130images-4

チャロ(カウボーイ)もいれば、マヤやウイチョールの先住民もいる。

61447b46fb77c5026fe2a884179d18322ninos075

images-1images

ペヨーテやキノコを使ったシャーマンの儀式。

残忍な麻薬カルテルや、政治は腐敗しているが人情のあるアミーゴたち。

url-1

そんな国民のほとんどがUFOを見た事があり、

images-2

何が起こってもおかしくないと口を揃えていう国。

とまだまだ言葉は足りないですが、

平成28年は初心に返り改めて、メヒコの魅力を皆様にお伝えできるよう精進いたします。

最後に、

タイガーマスク世代の店主は「エルトレオ・デ・ロスクアトロ・カミノス」

で試合する金曜8時の「ワールドプロレスリング」を見て

小学生から刷り込まれていたと思いますが、

TEDDY-EN-UN-DIA-COMO-HOY2 2

ルチャ以外ではたぶん中学3年生で読売テレビのシネマダイスキで見た、
映画「パリ、テキサス」の影響がメキシコとの決定的な出会いだと記憶しています。

115853_1-283x400

今でも一番好きな映画。

その昔、メキシコ領土だったテキサスの風景。

ライ・クーダーが奏でる音、そしてこの曲でメキシコへの憧景は決定的になりました。

後にオアハカ地方の伝統的な曲だと知りますが、

映画を見て即、近所なんばCITYの新星堂に探しに行きました。

が、サントラ盤はなく、貸しレコード屋(CDへの移行期)で発見!
という記憶があります。

そして映画に出演していたのが、ジョンルーリー。

彼の先鋭的ジャズユニット、「ラウンジリザーズ」

こちらも世界一好きな奇跡的なバンドでした。

img_1

道頓堀にあったキリンプラザに来日公演を観にいきましたが、
なんと!
日本のT-SQUEREの前座でした!

そしてたジョン・ルーリーが出ているということで、

見に行った映画が「ダウン・バイ・ロウ」であり、
偶然観たのが「パリ、テキサス」でした。

1987年の出来事です。

後もジョンルーリーが出演、手がけたジム・ジャームッシュの映画

51IAaXbe4HL

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のサントラに収録された

【アルバート・アイラーの復活】という曲がフリージャズとの出会いだっと思います。

このように80年代後半を同世代の皆様と同様に?

自らのカルチャーが衝撃的に連鎖反応して、思春期を過ごしていくわけです。

しかし

最終的にメキシコに行き着くのに、そう長くはかからなかったですね,,,,

このWEBサイトで新しく、店主の友人たちのメキシコ体験のインタビューコーナーを
作ろうと考えていますので、また整いましたらお伝えいたしますね。

長々と脱線しましたが、

息子を持った自分が今またこの映像と曲を聴くと、違う感慨があります。

主人公のトラビスが唄う”Cansion Mixteca”

落涙。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *