メキシコ買い付けジャーナル’18 【7/9 DF セントロ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早朝5時、メキシコシティの北バスターミナルに到着。

朝早すぎて、ポーターがまったくおらず…….

くそ重い荷物(スーツケースとカート1台)を引きずり、なんとかタクシー乗り場へ。

6時にP・アミーゴへ戻り(オーナーパスさんは早起きなので助かる)

コーヒー飲んで連絡業務をこなす。

シャワー浴びて、セントロへ向かいます。

アジェンデ通りの古本屋台路地へ。まだ開店準備中なので後回しに。

ドンセレス通りの古本街に行きますが、やたら老舗の店が閉店してしまっています。

なにかあったんやろうか??

軒並みクローズ

友人のグラフィティライターREXのタグステッカー発見

東へ向かい、カルメン通りでルチャアイテムや回転ライトの仕入れ

午前中は人が少ない

“flotilla impulsada por el viento” =風で蹴ちらす戦隊?? ワールドカップの話かな?

珍しいベトナム帽が売られています。

DFも暑いからな〜

一通り裏通りでの買い付けを終えて、昼食タイム。

5demayo通りから路地にあるお気に入りの店に行きましたが…….

スタッフに「コミダ・チナ(中華料理屋)は隣だよ」と言われ久々に憤慨!

チノと呼ばれることには慣れていて、腹も立ちませんが(チノ=広義のアジア人です)

外見ではなく、文化的な侮辱を受けたような気がしました。

他を探します。

仲が良かったLa Ondaの皆とよく行ったレストランへ。

エンモラーダス(エンチラーダのモレソース)

ドリンク、デザート付きで56ペソ

休憩もできて後半戦の買い付けへ。

レゴ専門店! 息子へのお土産を購入。

値段はさほど変わりませんが、ペソ安のため割安感があります。

古本屋台路地で仕入れ。フリーダのポートレイトやルチャドールの写真など

タイルの家は相変わらず撮影スポット

セントロを南下してウルグアイ〜エルサルバドル通りへ

卸店で刺繍服やクッションカバーなど買い付け

思い出のレヒナ通り。この辺りのバーや食堂も様変わりしました。

帰りに今年で75周年! 超老舗のビクトル民芸品店にご挨拶。(店内撮影不可です)

メトロブスで宿に戻りしばし休憩。

夕方4時、マリナルコのオフィスへ。

ローマ地区からファレスに移転してきたので、近くて助かります。

階下は洒落たカフェ。

品切れだったアイテムたくさん買い付けました。

マリナルコの在庫分↓

そしてメトロブスでローマ地区へ。

大きな梱包資材店があったので市場調査。

やっぱりFedexのダンボールが一番丈夫かな〜。高いけど。

いっつも満員の有名チュロス店。

お気に入りのガラクタ骨董店に来ました。

埃の中をくまなく宝探し。

今回はめぼしい発見はありませんでした。

メキシコにもアナログブームが押し寄せて、富裕層向けのレコード店が増えました。

ちゃんと視聴もできます。

昔と違って時間に追われているので、レコードはチェックせず。

目的のパコの事務所兼お宅へ。

久々に会いました(春は彼はバカンス中で会えなかった)

ビールをご馳走になりいろいろお話。

いつも息子のことや、日本のことを気にかけてくれます。

WajiroDreamの在庫分↓

駅へ歩く途中、雨に降られハンバーガー屋台で雨宿り。

ついでに夕食としてハンバーガーを食べました。

雨が止むまでダラダラして、メトロブスで帰宿。

深夜までパッキング地獄。

午前1時就寝。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *