メキシコ買い付けジャーナル’18 【7/7 グアダラハラ後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前編からの続き。

昼食後、市場を出てまたセントロ方面へ。

暑くなってきました。

ビアガーデン! 呑むのはまだちょっと早いな〜

リベルタ市場からすぐ階段を登ると、、、、、、

パブリックアートの広場と世界遺産である、

オスピシオ・カバーニャスが現れます。

18世紀に孤児院として建設され、病院になり

現在は美術館として大規模なアート展が開催されています。

こんな展示でした。チラシにあるようにオロスコさんの天井画が有名です。

この日は興味そそられずパス。

オスピシオ・カバーニャスについては過去ブログ ☟

再びセントロ方面へ。

土曜日だからかのんびりした雰囲気。

あら?!このモニュメントは赤かったはず……

オクタビオ・パス(ノーベル文学賞詩人)の詩はそのままのようです。

路上の小鳥売り。教会の鳥かごがカワイイ!

独立の英雄イダルゴ神父。

メキシコ中部の街には必ずどっかにいます。

インスタ映えスポットもグアダラハラは文字がダイナミック。

大きなカテドラル。

ここから30分歩き、チャプルテペック地区へ。

骨董店が並ぶ通りに来ましたが、なんと!土曜はほとんどの店が休み…..

日曜の骨董市に備えて休んでるのだとか。

日本式のかき氷とアイスクリームの店が!!!!

店員さんはメキシコ人でした。オーナーはどうやろう?

隣のレオン州やグアナファト州は日本人街ができるほど、出向でメキシコに住んでいる

会社員の方が多いみたいなんで、需要があるのかな?

毎週日曜はここでティアンギスが開催されます。

また明日来るか〜。

大通りを戻っていると、民芸品の青空市が開催されていました。

しかし急なスコールに見舞われ、ほとんど何も見れず…..

道向かいのバーに避難。

ミチェラーダを飲んで、しばし休憩。

ポップアート風の写真が面白い店でした。

雨は止んで、まだ夕方なのでタクシーを捕まえて

一路、隣町のトラケパケへ。

週末なので賑わっていました。

地元の老舗陶芸工房オルテガファミリーの作品が設置されています。

いくつかの民芸品店で買い付け。

ちょっとお値段しますが、質の高いものが売られています。

そして路上でウィチョールの民芸品屋台もたくさん。

ナジャリとグアダラハラ周辺がやっぱり、売り子が多く価格も安いです。

そして街外れにある、伝統的なトナラ陶芸の工房 “ El Palomar“まで歩きます。約20分。

見事にその門は閉ざされておりました…..土曜の夕方だから仕方ないか。

昔のサイトでは土曜も7時までオープンになってました….

セントロにもどり辛うじて営業していた民芸品店で少し買い付け。

お土産物や雑貨ではなく。しっかりしたフォークアートのお店がトラケパケは多いですね。

チャイが売りなカフェ。珍しい〜。

メヒコの食文化も少しずつ世界に開かれたものになっています。

トラケパケからターミナル横のホテルにバスで帰宿。

ネオンの十字架が新鮮。

気づけば9時前で、食堂で夕食。

ぬるいポソーレとトスタダス。計45ペソで安上がり。

可愛い従業員さんがいました!

売店でビール買ったものの、飲まずにホテルで即寝でした。

Mama, take this badge off of me
I can’t use it anymore.
It’s gettin’ dark, too dark for me to see
I feel like I’m knockin’ on heaven’s door.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *