メキシコ買い付けジャーナル’16 【10/10 メキシコDF】

7時半起床。快眠でした。

準備して9時には出発。

メトロブス乗り場にいる中年夫婦に話しかけられる。

「メルカド・ソノラに行くにはここから乗ったらいいのか?」

と質問されたので

「si,si」と答え、彼らはサポテコ語で会話していたので、

「オアハカから来たの?」と逆に尋ねました。

するとテオティトラン村でタペテ=ウールラグを作っている職人さんでした。

死者の日に使うものをオアハカからわざわざ買いに来たのだそう。

そのバウティスタ夫妻。

次回、オアハカへ行くときは工房を訪れることを約束しました。

メルセー市場は朝から賑わっています。

吊るされたロンガニサ=ソーセージは、赤すぎて作り物みたいに見えます。

死者の日に欠かせないパペルチナ=切り絵の旗

卸先のリクエストで大きな網カゴを仕入れに来ました。

メルカドは狭い道でも容赦なく、大荷物のリアカーが突っ込んでくるので注意が必要。

ささっと買い付けを済ませ、宿に戻り即出発。

昼前にソカロからテピート方面へ。

午前中はまだ人が少ない。

早めの昼食はやっぱりタコスで。

鶏肉のモレと豚レバーのタコス。

追加でスペアリブのタコスも。

どれも味は普通でした。

リサイクルショップを発見しましたが、目ぼしいものはなく。

中国人の卸業者から、グアダルーペの回転ライトを3ケース仕入れ。

華僑の方々はメヒコでも稼いでおられます。

専門の旅行会社も。

しかしタクシーが待てど暮らせど来ないので、諦めてメトロブスで帰ることに。

乗り場までは、そこら中にいるポーターに頼みました。

夕方はマヌエル画伯の倉庫へ。

隣のトルタ屋は美味そうです。

フランスの業者から大量に作品を注文され、忙しいらしいマヌちゃん。

そのマヌちゃんより忙しい店主は、メトロで世界遺産でもあるルイス・バラガン邸へ。

実に10年ぶり。

顧客からのオーダーでバラガン建築のポスターを購入。

(邸宅内やミュージアムショップも撮影禁止なので写真はありません)

同じ通りに凄いインスタレーションがありました!

アカプルコチェアに使われるPSVチューブで製作されたジャングルジム。

しかも特殊なLEDライトが内蔵されて発光するそう。

組み立てに勤しむ男女のアーティスト(名前失念!)に聞けば、

1時間後に展覧会のオープニングパーティーがあるとのこと。

しかし周辺になにも無く、時間を潰す術がないので宿に帰りました。

夕食はレボルシオン駅前の屋台で雌鶏のスープ。

部位を選べるのでピエルナ=もも肉をチョイス。

あっさりした味で癒されます。

この日も公共交通機関を使い、メキシコシティを駆けずり回りました。

次の夜からは遠征の旅にでます。


昨年12月に来日したアラバマ・シェイクス。

行きたかったのですが、8500円はちょっと高かった…….

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *