☞webshop☜

“DREAM CARVER EXHIBITION ” ヒメネスファミリーの木彫り人形

 

8/6土より9/4日まで

“DREAM CARVER EXHIBITION 2022-23”
~ヒメネスファミリーの木彫り人形展~ を地階ギャラリーで開催いたします。

会期中の火曜水曜は休業日となっております。

 

今秋に福岡、来年春までに東京での開催を予定しています。

約半年をかけ、作品の入替を予定しているため展示タイトルを2022-2023としています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

El Tallador de Sueños(@dream.carver)がシェアした投稿

展覧会について

​​​​​​​​​​​​​​​​”メキシコを代表する民芸品の一つであるオアハカ州の木彫り人形。 

現在では「アレブリヘス」と呼ばれていますが、その始まりは

1950年代前半にアラソラ村の木彫り職人マヌエル・ヒメネスが生み出したものでした。

 

木の素地のままだった人形は、求める観光客の要望に応え

染料で色を持ち、塗料で彩りを得ます。

 

1980年代には他の村にも木彫り職人が増え、造形と着色の技術が

飛躍的に向上。

人形のモチーフも怪物や恐竜のように変異していきます。

またオアハカの街に観光客が増加するにつれ、粗雑な人形もたくさん

お土産品として作られるようになりました。

 

しかしマヌエルは息子2人とともに自分たちのスタイルを守り、

木彫りを続けてきました。

米国で「ドリームカーバー」と呼ばれたヒメネス一族の

上質な作品は、今やメキシコ国内よりも海外での方が

人気と評価は高いかもしれません。

 

2005年の父の他界後も変わらずヒメネス一族は製作を続けています。

息子、孫、ひ孫と四世代に渡り生産される「ファミリーの現在」

 

今展は、当店が三家族に独自に特注した復刻品を含む、24点の新作。

それに加え(株)キチン 佐賀町アーカイヴに保管されていた、

小池一子氏所蔵の80年代後半の作品7点と

マヌエルの60年代の貴重な木彫り人形の新入荷3点の展示企画。すべて購入可能です。”

 

88年の無印良品の広告 *広告に使用された人形の展示はございません

 

今や日本国内でヒメネスファミリー、特にアンヘリコとイサイアスの兄弟の作品を

購入できるところはないと思われます。

 

「みんぱく」に数点所蔵されているのみ、なかなか実物を見ることも貴重な機会でしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

El Tallador de Sueños(@dream.carver)がシェアした投稿

 

また木彫り人形製作を継承しなかったマヌエルの長男の息子で、孫にあたる

アルマンドのポップな作品もファミリーとして展示販売いたします。

 

展覧会のポスターや現地オアハカのヒメネス博物館でしか購入できない

Tシャツの販売もありますので、暑いですがぜひご来場くださいませ。