メキシコ買い付けジャーナル’17 【4/8 タスコ】

起床して、朝食は摂らずコーヒーのみ。

急いでメトロのタスケーニャ駅へ向かう。

南バスターミナルからタスコへ。

しかし9:30のバスは満席で1時間待ち。

すでにバケーションシーズンで混み合っています。

ここぞとばかりに学生証でバス代を安くしてもらいます。

今日からセマナサンタ割引で大手バス会社は半額(学生のみ)

朝食代わりに屋台のフルーツ。10ペソで安い!

10:30のバスに乗りキッチリ3時間で到着。

2年ぶりのタスコは銀の街。土日はシルバーマーケットで賑わいます。

しかし今回はゲレーロ州の民芸品を集中的に仕入れに来ました。

ソカロに向かって坂道を登ります。

途中の広場で陶器市が開かれていました。

セマナサンタの期間だけのよう。

カスエラ(素焼き)の食器以外では唯一、土人形を売る屋台がありました。

型抜き人形でチープですが、あまり見ないので何体か仕入れ。


坂の途中の教会にはすでに砂模様が作られています。

タスコのセマナサンタは、利根山光人さんも著書に書いてありますが

復活祭の儀式の本気度が高いのが有名。

☞2年前のタスコ買い付けジャーナル

そしてやってきたフォークアートの名店。

2005年に初めてタスコに来て、この店に入り驚嘆したのを覚えています。

数々のゲレーロ特産マスク

1階は土産用の雑貨店なので、ぱっと見わからないかも。

品揃えはずっと同じで、扱ってるものも古いのか新しいのかよくわかりません。

営む老夫婦は店の階上に住んでいて、リビングにはなかなか上等の

民芸品が飾られていました。

ゲレーロ州の代表的なスーベニール、ココナッツ人形

立体的なウッドマスク。1000ペソ越えの高級品

背中越しのカラベラ人形は仕入れるかどうか、かなり迷いました。

古いレタブロ

足が折れていなければ絶対買ったであろう木彫りのクジャク。

アメヤルテペックの色彩豊かなペイントが!かなり大きいサイズで初めて見ました。

などなど次回買い付けるリストの画像でした(笑)

近くにあるお気に入りのビンテージショップ。

石の品揃えは凄いみたいです。

ビンテージというかガラクタ屋ですね。

SUSHERIA….お寿司屋さんですが、メヒコではこの呼び方が一般的になっていくのかな〜。

ラーメン店はRAMENIRIA、うどん店はUDONERIAか?

サンタ・プリスカ教会につきました。

他にもっと凄い教会はありますが、一応ここもウルトラバロック調。

遅い昼食をポソレの名店で。昔なかった銅像が建ってるな。

前菜代わりのチャルーパス。 ツナと燻した唐辛子のコンビネーションがたまりません!

そして名産の緑のポソーレ。チチャロン(豚の皮揚げ)がビッチリ。

変わらない美味しさでした。

調子乗ってビールも飲み、食べれなかったタキートスはお持ち帰り。

ソカロ近くにある古びたホテル。

この中に昔から民芸品店があります。

ここも変わらず素晴らしい品揃えでした。

以前は倉庫のようでしたが、今はディスプレイが洒落乙に。

これだけ見てもゲレーロ州のフォークアートは幅広い。

しかも観光地らしいのはアカプルコなどビーチ以外では

タスコだけなので、この街に集約されているのかも。

先日、記した☞ゲレーロ州の民芸品ブログも参考にしてください。

ATMに行ったら銀行が外にエストレージャライトを使ってるのが、良いですね。

坂道を降っていきます。

シルバのアクセサリーも少〜しだけ仕入れました。


夕方5時半のバスでメキシコシティへ戻ります。

バスの中では爆睡。

宿に戻って、持ち帰ったタキートスを食べて早寝。

明日も日帰り遠征です。

今日は台風なので、TYCOON TOSHさんの参加するウォーターメロン。

氏はあんまりエキゾ感ある感じではなかったですが、やっぱりイロイロやってましたね。何やってもパンクっぽい。
SKYLABは”EXOTICA”という大名曲があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コード入力 *